正看護師と准看護師の違い

看護師を目指す

准看護師は2年制で都道府県知事免許、正看護師は3年制で国家試験となります。内容も正看護師のほうが幅広く難しいですから長く医療業界に携わりたいなら、これからは正看護師の資格が有利と考えられます。

正看護師と准看護師の違い

このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師と一口にいっても正看護師、准看護師の2つの種類がありますが、国家資格を持つ正看護師は自分自身で判断して主体的な看護が行えるのに対し、准看護師は都道府県知事免許であって、医師や看護師の指示がなければ看護が行うことができないという大きな違いがあります。

しかし最近では、准看護師が中学卒業者でも取得できるという点などに反対の声が多く、今後廃止となるかもしれない可能性も高いようですが、逆に病院サイドからは正看護師より安い給与で雇用できることを考えてか反発の声が上がっているようです。

実際現場での仕事内容に大差はありませんが、准看護師、正看護師を比較してみると当然給与にも違いがあり(参考記事≫http://www.allhourlocks.com/)、准看護師は給与が低く設定されていますので長い目でみた場合には大きな差になるでしょう。

キャリアアップでも大きく違いがあり、正看護師は主任や師長になることができますが、准看護師では出世できず師長になれないなど限界があるのが現状です。

准看護師になった後も忙しい中に仕事と勉強を両立し、正看護師国家試験を志す方が多いのは、正看護師なら勉強すれば助産師などを目指すことも可能ですので、看護の世界で長くやっていくためには正看護師の資格の方が有利になるからだと考えられます。

MAIN MENU

関連ページ


Copyright (C) www.wyd08.org. All Rights Reserved.

看護師を目指す